北野武映画祭solo.13「BROTHER」

2020.05.23 Saturday



※以下、ネタバレ含みます

 

 

『BROTHER』 2001年。9作目。

 

初のアメリカ舞台。

イギリスのベテランプロデューサー、ジェレミー・トーマスとは

「戦場のメリークリスマス」で知り合い、

いつか一緒にやろうと、たけしに声を掛けて実現。

ハリウッドのスタッフを起用しているけど、ハリウッド映画ではなく

ロサンゼルスを舞台にした、北野監督作品、ということです。

 

BROTHERがでたときは、わたしもまだ若くて、

なんでアメリカでー、と思ってしまい観るまでに時間がかかって、

家でビデオを観たら、、観終わってから何故か、

すぐ、またもう一回観ました。笑

そんなこと、これだけです。笑

 

その後、飛行機の中で観る機会があったので、

今回は久しぶり、4回目の!鑑賞。

 

 

まず、サントラがかっこいい!←持ってる

渋くて色気のあるトランペットのメロディが痺れるね。。

久石譲さんはクラシック畑だと思ってたので、

クールな曲もつくれるというのが意外でした。(すみません)

 

敢えて、日本のやくざ色を出して、

アメリカ映画によくある派手などんぱちとの差をつけたような、

特にリアルな痛さは、、何度か見ないようにしました。。

あんなに痛くしないでも。。泣

組長の、渡哲也!貫禄でしたね。

 

メイキングで、何故ニューヨークとかではなく、

ロサンゼルスにしたのかという質問に、

すぐガランとした景色になるのが良い、と答えていて、納得。

 

 

なんというか、さっき観終わって今書いてますが、

余韻が長引いてます。。(´°ω°`)

 

ラストが、ハッピーではないけど、

やくざ映画で珍しく、前向きな要素と I love u の感情が!

デニーは大袈裟だなあと思いながらも揺さぶられましたね。。

(そう、余談だけど、デニーがいつも、

つまようじ?加えてるのは気になりすぎた。。いらん!)

 

 

 

やっぱり、前はそんなに意識してみてなかったけど、

絵になるシーンがいっぱいありました。

セリフがなくても伝わるような感じ。

 

アメリカだからこその景色と、

いつもの海と海への道もちゃんとあって、

女性選びのセンスが独特。笑

 

チップを多くあげすぎた無知な日本人という伏線から

テーブルの裏に仕込ませるに繋げるの、さすが。

 

加藤雅也と石橋凌のコンビが、かっこよかったー

まさにセクシークレイジー。。

 

 

真木蔵人の、ちょっとまぬけな弟っぽさと、

寺島進の、ザ任侠的なアニキと弟分の関係、

デニーの、友達のような弟のような関係、

加藤雅也の、腹括って仕事上の上での兄弟分、

 

いろんなアニキ、ブラザーの関係性が描かれていて、

ラストの、スタンドのシーンはやけにおしゃれで、

赤いドアに向かって歩いていくたけしのスローモーション、

倒れているたけしからの、上に引いていく風景が、

すごくかっこよかったです。

 

 

 




0
    category:cinema/books | by:りふ
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Hello! I'm LiF.
    LOVE and MUSIC
    thanx a lot
    Profile
    最近の日記
    昔の日記
    Category
    Link
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM