都会の大きな川にのまれそう、でもぜったいに溺れない

2020.06.21 Sunday






この状況の中、短くなったけど働く時間もあり

いろんな場所に行けたりもして出会いもあって

 

こういうことやろうーとか、行こうーとか

機敏じゃ無いにしても、なんとなく思って

 

ふつうに暮らしてて、ふさぎこんだりはない

けど、ぼんやりとモヤモヤが抜けないままで

 

 

なんだろうってボーッと思ってた。

今日ふと、未来だなってわかった。濃霧だ。

 

今までは

やりたいことや興味があること

やろうとしてることがとにかく

いっぱいあって選んでやってた

 

でも今は

呼吸さえマスクなしに堂々とできない世の中になって

もともと病弱な友達に会いにいくのも躊躇してしまう

 

今までに無い状況のせいだけではない気はしてるけど

じぶんのバイオリズムもうまくつかめてないような、

どうしたいのか見通しが、すっごくぼんやりしていて

こんなこと全然らしくない。初めてです。

 

 

でもおかしな世界が永遠じゃ無いこともわかってる

おかげで明確になったり研ぎ澄まされたこともある


どんなときも余計なことに惑わされれず

じぶんらしく爽やかに晴れやかにすごしたい

 

それは変わらずあって

数が減った愛は濃厚にある、だから大丈夫。

 

 






0
    category:ひとりごと | by:りふ
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Hello! I'm LiF.
    LOVE and MUSIC
    thanx a lot
    Profile
    最近の日記
    昔の日記
    Category
    Link
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM